您所在的位置:黄金理财网 > 7*24快讯 >

低い日本の検診受診率|がん検診受診率50%達成_24小时黄金价格走势图

 平成25年に実施された「国民生活基礎調査」によると、日本のがん検診受診率は、男性においては、胃がん、肺がん、大腸がん検診の受診率は4割程度であり、女性においては、乳がん、子宮頸がん検診を含めた5つのがん検診の受診率は3〜4割台となっています。
 特に子宮頸がん、乳がんについては、検診受診率が低い状況にあります。

がん検診の受診率

がん検診の受診率

※胃がん、肺がん、乳がん、大腸がんは40歳以上、子宮頸がんは20歳以上を対象。
※子宮頸がん検診と乳がん検診は、「2年に1度」の受診が勧奨されているため、平成24年と平成25年の検診受診者数の合計に基づく検診受診率です。

 がん検診の国際比較を見ても、日本の乳がん検診、子宮頸がん検診は、OECD(経済協力開発機構)加盟国30カ国の中で最低レベルに位置しています。欧米の検診受診率が80%以上であるのに対し、日本は35%程度ととても受診率が低いのが現状です。例えば、米国では子宮頸がん検診の場合、85%の女性が検診を受診しているのに対して、日本では37.7%にとどまっています。

がん検診の国際比較

● 20-69歳 女性の子宮頸がん検診受診割合(2013年)
出典:OECD,OECD Health Data 2013,June 2013

がん検診の国際比較 20-69歳 女性の子宮頸がん検診受診割合

● 50-69歳 女性のマンモグラフィー検診受診割合(2013年)
出典:OECD,OECD Health Data 2013,June 2013

がん検診の国際比較 50-69歳 女性のマンモグラフィー検診受診割合

上一篇:美债收益率曲线倒挂的成因_中国黄金今日金价

下一篇:中国银保监会关于印发《保险公司偿付能力监管_纸黄金价格
TOP